編成

【火古戦場】黒猫道士がおすすめ【初心者向け】

概要

いよいよ、火古戦場が始まりました!!

今回は、そんな火古戦場での
おすすめ編成の紹介となります。

ここで紹介する編成は
主に強敵 90, 95, 100Hellとの戦闘で、役立ちます。

 

おすすめの理由

黒猫道士は、あまり聞きなれないジョブではありますが
ことマグナ編成において、非常に強力なジョブになります。

では、なにがおすすめなのか

おすすめの理由 その1

防御力の高さ

黒猫道士は『永続バフ』の1アビ『ブラックチャーム』を使用することで
味方全体のステータスを大幅UPすることができます。

ブラックチャーム
味方全体のステータス大幅UP/再使用で解除
■攻撃UP(30%/通常攻刃枠)
■防御UP(80%)
■DA確率UP(60%)
■TA確率UP(10%)
■弱体耐性UP(50%)
◆MPを毎ターン3消費
再使用またはMP0で解除時に自分が3ターン弱体化

なかでも防御力上昇率は80%と非常に高く
※被ダメージ4割減
攻撃の強くなったHell敵相手にも、長期戦闘を行える耐久力が備わります。

 

おすすめの理由 その2

連撃率の高さ

ブラックチャームは、連撃率の上昇幅も非常に高く
DA確率が60%、TA確率は10%上昇します。

アビリティで連撃率を永続的に上げられることにより
武器で連撃率の確保をする手間が省けます。
そのため武器は火力を重視して採用することができるようになります。

 

おすすめの理由 その3

弱体耐性効果

最近の古戦場Hellといえば、いやらしい弱体効果の付与ですねw

ブラックチャームだけでも弱体耐性50%UPが付くのですが
ここに十二神将のアニラが加わると・・

3アビに弱体耐性50%がついているため、
弱体耐性が合計で100%になります。
そのため、基本的に弱体効果は受けない状態となります。
(マウント貫通する敵が出てきたこともありますが、それは一先ず忘れましょう)

「十二神将が一人、南南西の守護神アニラ。参る!」

竜吟虎嘯
味方全体
■攻撃UP(50%)
■DA率UP(30%)
■クリ率UP(発動率30%/倍率30%)
■奥義ゲージ上昇量UP(50%)
■弱体耐性UP(50%)
使用間隔:7ターン  
効果時間:5ターン

ブラックチャーム1つで
『防御』『連撃』『弱体耐性』を飛躍的に高めることができることから
非常におすすめのジョブとなります。

 

必須武器

黒猫道士を使用する場合
『MP管理』が重要なファクターとなるため
ジョブ専用武器『ルナティックブルーム』が必須になります。

以下は、アビリティの最後に記載されている一文です。
◆MPを毎ターン3消費
再使用またはMP0で解除時に自分が3ターン弱体化

攻撃時にMPを3消費、MP0になると解除されるため
攻撃時はMP4以上が必要となります。

【英雄武器なし】の場合、MPの増減はこんな感じ
黒猫道士サポアビ:毎ターンMPを1回復
攻撃時:MPを3消費
1ターンで2ずつ減る計算になります。
これだとMPの消費が早すぎて、すぐに解除されてしまいます。

そこでMP管理をしやすくしてくれるのが「ジョブ専用武器」という訳です。

第1スキルに毎ターンMPを1回復がついているので
統合すると1ターンで1ずつ減る計算になります。
これでブラックチャームの運用が非常に楽になります。

エンブレムは天聖がおすすめです。


味方の全体強化・回復アビリティを使用するとMPが1回復するので
実質ブラックチャームの効果時間が1ターン伸びる感じになります。

 

運用方法

基本的に、主人公は以下のような流れを意識します。
全体強化  攻撃(1回目)  攻撃(2回目)  奥義
全体強化1回/攻撃2回/奥義1回という流れであれば
MPが切れることがなく、一番綺麗に動けます。

行動 MP
全体強化 MP56
天聖エンブレム効果で1回復
攻撃(1回目) MP65
攻撃(2回目) MP54
奥義 MP45
奥義発動時にMP全消費
奥義効果でターン終了時にMP3回復
黒猫道士のサポアビ、英雄武器のスキルでMP2回復

奥義ゲージが足りず攻撃回数が増える場合は・・
全体強化を増やすか、「ムーンライト」を使用することで解決できます。
(そもそも連撃率が高いので、大半は綺麗に動けると思います。)

 

実践編

では、最後に実践してみましょう

装備はこんな感じです。

ブラックチャームは通常攻刃枠が上昇するので
マグナ編成であれば、方陣(M)武器を厚めに採用すると効率が良いです。

では早速90Hellへ!!

HPは「シヴァ剣」「オッケ」「コスモス剣」を採用しているため、比較的高いです。

開幕は『ブラックチャーム』『ムーンライト』+バフ/デバフを使用します。
画像の編成だと、MPは7になります。
ムーンライト:奥義ゲージ30% MP5に変換
シヴァ:2アビ(全体強化)でMP1回復
アニラ:3アビ(全体強化)でMP1回復

黒猫道士は攻撃開始時に青エフェクトが発生して
ブラックチャームのバフ効果(1T)が付与されます。

ブラックチャームのバフ効果一覧
■攻撃UP(30%)
■防御UP(80%)
■DA確率UP(60)
■TA確率UP(10%)
■弱体耐性UP(50%)

攻撃時に表示されるMPは、攻撃時3消費後のMPです。
このMPを確認することで、ブラックチャーム解除までのターン数として把握できます。

※1は次ターン解除なので、要注意

攻撃ダメージは主人公で48-49万程
オッケの背水を加味すると、95Hell以降も十分戦える数値であると言えます。

この攻撃で75%に到達するため、敵の特殊行動が発生するのですが
ここが黒猫道士編成における注目ポイントです。

HP75% クルガル
味方全体
■1人につき風属性ダメージ(約720ダメージ)x5回
■裂傷効果(3T/最大1500)

被ダメージはこのくらい

そして、裂傷効果は弱体耐性が100%なのでMISSになります。

敵の弱体効果を気にしなくて良いので、とても動きやすいです。

2ターン目は、奥義ゲージが溜まっているのでそのまま攻撃していきます。
1ターン目に『サン』を使用していたため、奥義ゲージがモリッと増えています。

ちなみに攻撃回数における奥義ゲージ上昇量はこんな感じです。

通常 アニラ 3アビ(有)
SA 11% 26%
DA 24% 35%
TA 40% 59%

2ターン目は、HP50%の特殊行動を受けます。

HP50% メラム
味方全体
■風属性ダメージ(約5120ダメージ)

■幻影効果(3回)
■攻撃UP(3T)

アテナ奥義のガード効果(30%軽減)も合わさり、被ダメージはとても少ないです。

3ターン目は奥義後なので、全体強化(アテナ1アビ)を使用して攻撃します。

このターンに敵のHP25%の特殊行動を受けるのですが
ここも注目ポイントとなります。

HP25% ウブシュウキンナ
ランダム対象
■風属性ダメージ(約2757ダメージ)x6回
味方全体
■強化効果削除(2個)

ダメージはほぼありません

注目してほしいのは、こちらの強化効果削除の方!!

ここで消されているのは、ブラックチャームで付与されたバフ効果です。
ブラックチャームのバフ効果は、攻撃時に毎回付与されるため
削除されてもデメリットは全くありません。

4ターン目も普通に攻撃して、そのまま終わりとなります。

サクッと終わってしまった感はありますが
それでも黒猫道士の強さの一旦は見れたかなと思います。
特に『防御』『敵の弱体効果の対応』が非常に優れています。

 

まとめ

記事を投稿するタイミングが遅いとは思いますが・・
火古戦場もまだまだ序盤です。

黒猫道士は強敵で威力を発揮するジョブなので
95,100,150Hellでは、しっかり活躍してくれると思います!

英雄武器『ルナティックブルーム』さえ用意すれば運用できるようになるので
「連撃」「防御面」に不安がある方には是非お試し頂きたいです。
私自身そうでしたが、きっと黒猫道士魅力にとりつかれると思います。

それでは

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です